Work deatil

稲毛の家

2007
個人住宅
稲毛の家は3人のご家族のための、延床面積38坪、地上2階の木造住宅です。
南北に細長い敷地における、光の取り入れ方を考えました。二階を長手方向に5分割し、そのうちの三つを、「吹抜け」「中庭」「高い天井の部屋」としました。斜めにかけられた屋根に対してへっこんだ「中庭」と、飛び出した「高い天井の部屋」の窓を利用して、光を中に取り入れています。さらにその光が「吹抜け」を介し一階にまで届くようにしています。
内部は、砂漆喰と焦げ茶で塗られた木部で仕上げました。
外部はガルバリウム鋼板で仕上げ、一部を砂漆喰としました。
計画地
:千葉市稲毛区稲毛東
期間
:2006.10〜2007.05(設計) 2007.06〜2007.12(施工)
敷地面積
:146.26 m2
建築面積
:79.58 m2
延床面積
:133.66 m2
規模・構造
:地上2階・木造
設計・監理
:角倉剛建築設計事務所
:山田構造設計事務所
:ソノベデザインオフィス
施工
:大日ハウジング
外部仕上げ
:屋根 / ガルバリウム鋼板竪平葺き、FRP防水
:外壁 / ガルバリウム鋼板平葺き、砂漆喰塗り
:開口部 / アルミサッシ
内部仕上げ
:床 / ナラフローリング、コルクリノリウム
:壁 / 砂漆喰塗り
:天井 / 杉小巾板、砂漆喰塗り
その他
:第21回千葉市優秀建築賞受賞
:写真撮影 吉田誠
 
外観夕景
高いところからの夕景を撮っています。南北に長い敷地での、建物の納まり具合が読みとれます。奥の出っ張ったボリュームは天井の高い部屋となっており、高窓から光を取り入れます。また、手前の白壁が少し見えているところは、中庭となっており、窓を通して下階へ光を送り込みます。黒く見える屋根と外壁は、ガルバリウム鋼板竪平葺き。白く見える壁は砂漆喰塗りです。
 
玄関
玄関へのアプローチから、中を覗きこんでいます。玄関の扉と、左の袖壁は、米松材に濃い茶に調色したリボス塗装を塗っています。左手に見えるのは、エコキュートです。(この住宅はオール電化となっています。)
 
ダイニングからリビングを見る
吹き抜けを下から撮った写真です。1階左手奥に見えるのは、リビング横の和室、2階左手に見えるのは、書棚を伴う、ライブラリースペース。2階右手の奥は、予備室で、写真はリビングへの扉を開いた状態です。白い壁と天井は、砂漆喰で仕上げ、黒い床と天井は、ナラのフローリングと、杉の小巾板に、濃い茶に調色したリボス塗装を塗っています。
 
ブリッジ下
2階を通るブリッジの下から、リビングを介し、南の庭へと視線が抜けていく写真です。リビングの天井と壁の間には、ライン状の照明が入っています。左手の階段は、鉄板を構造とし、その上に仕上げの木材を乗せています。
 
ブリッジ下から玄関を見る
正面奥の小さな扉が玄関扉です。右手の扉が引き戸となり、玄関とリビングの間を仕切ります。左手の奥は、キッチンとなっています。キッチンの天井の高さはあえて低く2.1mとしています。その上に中庭があり、北側の安定した光が窓から注ぎ込みます。
 
階段
階段と、ブリッジをその正面から見ています。左手のダイニングの低い天井と右手のリビングの高い天井の間に、吹き抜けがあり、吹き抜けの中をブリッジと階段が通っていきます。左の中庭と吹き抜けが連なることで、下階に光が入ります。
 
リビングからダイニングを見る
右手に和室が見えます。お子さんがまだ小さなこの家では、しばらくは、親子がこの部屋でおやすみになるようです。和室は、リビングに対して、36センチ上げその下を、収納として使っています。和室の木部は、白のリボス塗装を使い、木目を生かした柔らかい印象の部屋に仕上げています。
 
キッチンからリビングを見る
キッチンは、ダイニングから見たときに手元が隠れるように、ワークトップより30センチに立ち上がりを取り、その上に物がおけるよう、22センチの棚状のスペースを設けています。水栓は、グローエの浄水器付きのものを使っています。ダウンライトの詳細が一番よく見える写真です。ダウンライトは、天井を一度四角く彫り込み、その奥に設け、直接光源が見えにくくなるようにしています。
 
中庭からの見下ろし
中庭の引き違い窓を開け、1階を見ています。この窓と1階南の3枚引きの窓を開けると、下から上へと風が抜けていきます。右手の開口部は、予備室と、寝室2の扉を開けた状態で、奥の部屋まで、視線が抜けていきます。
 
ライブラリーから吹き抜けを見る
ライブラリー手前の階段で、2階は72センチ上がります。ライブラリーか北の部屋を、見下ろしています。天井は、屋根を支える梁が90センチの間隔で、北の寝室1の天井まで連なっていきます。中庭の窓の奥には、寝室1の窓が見えます。ライブラリーは天井が高い部屋で、(外観夕景で、屋根から突き上がるボリュームの部屋)北側の高窓から光が入り込みます。
 
ブリッジ
ブリッジ越しに、ライブラリーを見たところです。右手に中庭が見えます。
 
予備室から中庭を見る
予備室の扉を開けると、吹き抜け越しに中庭、寝室1そして、北側の道路まで、視線が抜けていきます。予備室の天井の一部は、ライブラリーと同様高くなっており、南側の高窓から光が注ぎ込みます。ライブラリーと、予備室は欄間のガラス越しに天井が連続する空間となっています。予備室と寝室1,2のグレーの床材は、コルクリノリウムを使っています。この床材は、柔らかいコルクが豊富に含まれた素材で、足触りが良い材料です。
 
寝室2
寝室2から北側を見ています。北側に隣接した予備室の奥に吹き抜けが見えます。右手の焦げ茶のボリュームは、収納とライブラリーへの扉をまとめた家具です。天井との間を透かせて、間接照明を組み込んでいます。
 
寝室1
寝室1から南側を見ています。左手の廊下の奥に、72センチ上がったライブラリーが見えています。右手の窓の奥は中庭になります。天井の濃い茶に塗られた杉小巾板材に、小さなダウンライトが取り付けられています。
 
中庭夜景
中庭の夜景を見ています。右手は中庭の窓を開け放った状態で、ライブラリーの書棚が見えます。
 
中庭夜景
中庭越しに、吹抜けを通して居間を見ています。左上のハイサイドライトの向こうに、本が入った書棚が見えます。