お問合せ
気になるコトモノ
2009.10.10
コペンハーゲンの自転車
9月に北欧にいってきました。いくつか街をまわったのだけど、印象に残ったことの一つはコペンハーゲンの自転車です。歩道を歩いているつもりだったのだけど、ふと気がつくと猛スピードで自転車が接近。よく見ると、そこは自転車専用道路。ヨーロッパでは自転車専用道があるとは聞いていましたが。。。
北欧各首都に自転車専用道がありましたが、一番整備され活用されているのがコペンハーゲンでした。この都市はとても平坦らしく(うろ覚えですが、高低差が140M程度)そのこともあってか、自転車が都市交通としてしっかりと位置づけられていました。信号が赤になると、信号待ちの自転車が列をなす風景等は壮観です。信号は守るし、逆走なんでもってのほか。左右に曲がる時や止まるときの手信号も多くの人がおこないます。後はスピードが半端でない。おそらく25キロ前後は普通にだしています。日本ではピスト等のシャレた自転車も出てきて、ファッショナブルなエレメントとして最近自転車が流行っています。コペンハーゲンの自転車はそれほどかっこいいものではないけど、生活の道具としてしっかり根付いているようです。観光もレンタサイクルでまわるのが、とても便利。自転車通勤をしている僕としては、気になる眺めでした。