お問合せ
気になるコトモノ
2008.8.13
スポーツの報道(押しつけがましくないこと)
夜遅く帰り、食事をしながらの最近の楽しみは、やはりオリンピックになります。何に特別に興味があるというわけでなく、ぼーっと見ているだけだけど。バトミントンの人気ペアが、ベスト4に進出できなかったという、ニュースが流れていました。「あっそう、残念だね」と淡々と見ていたら、その後に、スエマエペアと呼ばれる別のペアが、ベスト4入りを果たしたとの報道。これはどう考えても順番が逆でしょう。

そういえば、ちょっと前のイギリスでのゴルフの実況中継の際にテロップが出ていたのだけど、それが「上田桃子首位と2打差」。頑張ってるじゃんと見ていると、不動選手も同じく2打差とのこと。なんだろうなーこれは。

オグシオペアも上田桃子も好きな選手達だけど、スポーツの世界は、やはり公平なルールなもとで全てが評価されているのが楽しい訳で、それが報道される段階で、人気とかのバロメーターで報道される側の尺度が押し付けられるのは、どうも参ってしまいます。

大分前に直島で、地中美術館にいきました。地中美術館で僕が気になったのは、例えば「とても暗いスロープをずるずる降りていくと、突然空しか見えない石の庭に行き着く。人々はきっとそこで何かを感じ取ることだろう。」といった作り方をちょっと嫌らしく感じ取ってしまったからです。そういった、あらかじめ人の気持ちの先回りをするような作り方が、僕にはお節介で、煩わしく思えました。 (要は演出が過度なものと思えたということですね。)

その時の感じを少し思い出しました。