お問合せ
気になるコトモノ
2009.03.14
見学会 「お茶の水女子大学ユビキタス実験住宅」
元岡展久さん+河野泰治さんの「お茶の水女子大学ユビキタス実験住宅」を見てきました。木造平屋建ての住宅なのですが、普通の作り方とは随分違った住宅です。
合板を張り合わせた、家型のフレームを均等に並べ、その上に浮かぶように屋根がかかっています。アクリルの棒材で、屋根とフレームを繋いでいるため、天井面とフレームの間が透けて見えるのです。
この特殊な構造の成り立ちは、構造設計者の実験による検証に基づいているということでした。

通常の設計では、クライアントの要望や様々な規制が、ある意味梃子となって様々なユニークな回答が導き出されます。言い方を変えれば、条件が少ない場合は、案の必然性がなかなか判断がつかず、進めるのに苦労することがあるといくことなのかと思います。

実験住宅ということで、与件が少ないこのプロジェクトにおいては、建物の作り方にスポットを当てて、活路を見出そうとしているように感じました。