お問合せ
気になるコトモノ
2009.01.17
「ファニーゲームU.S.A」
ミヒャエル・ハネケ監督の作品を見るのは、「隠された記憶」以来の二つ目。「隠された記憶」では、敢て全てを解きらない作りのために、見終わってからも随分と悩まされました。すっきりしない、けして好きとはいえない映画だったけど、この監督の作るものならまた見てみたいと思っていました。
「ファニーゲームU.S.A」は、ハネケ監督自身による自身の映画「ファニーゲーム」の完全なリメイク。オリジナルの「ファニーゲーム」は、暴力を手加減なく描き切った映画として、定評があるようです。いつか見てみたいと思っていたので、良い機会と思って見に行きました。。。
とても人には勧められない映画ですが、やはりまた次作を見てみたいと思わせる映画でした。この監督の作る映画は、親切な映画ではありません。映画にはしっかりとした構想があるようなのだけど、それを分かりやすく示すことにはあまり、興味がないようです。その底意地の悪さが癖になるとでもいうのでしょうか。

ただ、色々と事前情報を仕入れすぎためか、見終わった後は想像していたよりも衝撃が少なかったのが残念でした。