「狭小住宅」タグの記事一覧

木造2階建てのコスト

□日々の仕事の中で

一番コストパフォーマンスが良いと言われるのが、木造2階建てです。こちらも合わせて問い合わせがありましたので、最近の事例を調べました。備忘録を兼ねて、ここ最近の概略の坪単価を記載しておきます。


公園前の家 2017年竣工 79.0万/坪
吹き抜けありのスキップフロアの構成、ロフト付き屋上テラスつき、仕上げも左官材などを使っていてそこそこのスペックであることを考えると割安かと思っています。


成田の二世帯住宅 2014年竣工 78.5万/坪
二世帯住宅、仕上げ材もそこそこのハイグレード、また空調設備はダクティングをしていることを考えるとこれもハイスペック。公園前の家よりハイスペックですが、面積が大きいので坪単価はある程度均されていると思います。


稲毛の家 2007年竣工 72.6万/坪
公園前の家と同じぐらいのスペックはありますが、坪単価が低いのは、10年の年月の開きも関係あるのかもしれません。

ちなみにこの3件は全て同じ工務店。千葉の個人レベルでやっている工務店さんでいずれもコストを抑えて施工してもらっています。木造二階はやろうと思えばもっと安くできるとは思いますが、いずれもローコストのご要望ではなく、造るのであればそれなりのものをということで、それなりのスペックとなってるためある程度かかっています。

狭小タイプの木造2階建てを2件ほど

高円寺の長屋 2010年竣工 92.0万/坪
二世帯が上下に重なる賃貸の重層長屋です。半地下があることや、地盤改良が必要であったこと、また面積が小さいことが坪単価を押し上げています。


向ケ丘の家 2010年竣工 82.2万/坪
今までで設計した中で一番小さな、20坪程度の住宅は、坪単価にすればそれなりのものとなりました。

鉄骨造3階建てのコスト

□日々の仕事の中で

鉄骨造3階建てのコストについても問い合わせがありましたので、これも備忘録を兼ねてここ最近3件の概略の坪単価を記載しておきます。


白山の家 2014年竣工 113万/坪
地下がある狭小住宅となります。最安値は107万/坪でしたが、条件が合わず上記の工事費となりました。


竜泉の家 2012年竣工 93.8万/坪
駐車場部分を除いた内部空間だけの坪単価で考えると、105.3万/坪となります。
地盤改良で100万かかっていることを考えると比較的割安となりました。


戸越公園の家 2011年竣工 100.6万/坪
駐車場部分を除いた内部空間だけの坪単価で考えると、113.9万/坪となります。
地盤改良と給水引き込みの費用合計120万を含んだコストです。

非公開物件ですが、一番最近の鉄骨造は119万/坪。形が複雑で設備もそこそこのスペックが入っていることで、割高となりました。

木造3階建てのコスト

□日々の仕事の中で

木造3階建ての計画ではコストが問われることが多いです。鉄骨造3階建ての場合はある程度の予算があった上での選択ですが、木造3階を選ぶ場合は、コストを重視しての選択ですから、当然といえば当然です。
先日も問い合わせがありましたので、備忘録も兼ねて、ここ最近3件の概略の坪単価を記載しておきます。いずれも消費税抜きの表記です。持ち込み家具とカーテンブラインド類以外の全てを含んだ坪単価となります。いずれも3社見積もりをとりましたが、偶然にも全て江中建設の施工となりました。


北千束の家1 2015年竣工 81万/坪(但しキッチンは別途専門メーカーが制作)
床暖房、吹き抜けや3畳+αのテラス等があることを考えると抑えられた坪単価になっていると思います。形が比較的無理なくまとまっているのがその理由だと思います。

 
北千束の家2 2015年竣工 95.4万/坪
キッチン、浴室別の二世帯住宅であることがコストを押し上げていると思います。また2階のテラスに加え屋上テラス+屋外階段があること。敷地の形状が複雑なため、建物の形状も複雑にならざるを得なかったのもコストに影響しました。床暖房は二世帯にあります。


代々木の家 2016年竣工 98.4万/坪
駐車場部分を除いた内部空間だけの坪単価で考えると、105.3万/坪となります。お施主さんがかなり内装材や造作にこだわりを持たれたことで、3件の中でもっともコスト高の建物となりました。

番外編として。。
5年前に江東区で計画した木造3階建ての狭小住宅はかなり坪単価を抑えました。本見積もりまで進んだのですが、お施主さんの転勤が決まり、残念ながら中止となった計画です。
その坪単価は67.2万/坪。地盤改良と給水引き込みを別途とすると62.0万/坪。かなりのローコストです。
当初から予算の上限がはっきりと示されたことで、建主理解のもと仕様を抑えることを優先したこと。コストに強い工務店に最初から相談したことが、ローコストに結びついたと思います。

3階建てについて

□日々の仕事の中で

調べ物があり、LIVING DESIGN CENTER OZONEに立ち寄りました。帰り際に、コンシェルジュの方と雑談。LIVING DESIGN CENTER OZONEは、建築相談の窓口でもあるのですが、改めてどのような問い合わせが多いかと訊いたところ、3階建て、特に木造の問い合わせが多いとのことでした。都心の限られた敷地に計画をする、いわゆる狭小敷地での問い合わせがやはり多いとのことでした。

私の事務所では、比較的3階建ての事例が多いので、自分用のメモも兼ねて事務所での3階建ての実績がどれくらいかを一度まとめてみました。

トータルで15件。内9件が鉄骨造で残りが木造在来工法。比較的鉄骨造を扱うことが多いのが私の事務所の特徴です。しかしここ最近は木造も増えてきました。昨年久しぶりに鉄骨造3階を設計しましたが、それ以前の3件の3階建ては全て木造です。
鉄骨造は広々とした空間ができるのが大きなメリットです。また木造に比べると間取りの自由度が大きいです。しかしコストを優先して木造とされる方が増えてきました。

概ね敷地の面積は、50m2〜100m2。どちらかといえば、50m2に近い狭小の敷地が多い傾向にあります。延べ床面積は様々ですが、いずれも欲しい広さと土地の値段を天秤にかけた結果、3階建てを選択しているのは、当たり前ですが共通事項です。

以下最新の事例から並べています。

件名     敷地面積 建蔽率/容積率 建築面積 延床面積 構造階数

河辺の家  172.49m2 70/200 86.84m2 179.61m2 鉄骨造3階

代々木の家  92.58m2 60/160 55.10m2 147.75m2 木造3階

北千束の家1  76.05m2 70/150 48.26m2 112.36m2 木造3階

北千束の家2  85.96m2 60/150 51.22m2 126.85m2 木造3階

白山の家  48.58M2 70/160 32.43m2 106.12m2 鉄骨造3階(B1)

竜泉の家   75.00m2 100/700 50.32m2 117.92m2 鉄骨3階

戸越公園の家 51.01m2 60/200 51.01m2 95.48m2 鉄骨3階

品川の家   55.75m2 60/160 35.39m2 92.56m2 木造3階(一部RC)

荒川の家  64.92m2 80/300 41.45m2 113.47m2 木造3階(一部RC)

神楽坂の家   51.44m2 100/400 35.16m2 95.05m2 鉄骨造3階

柿の木坂の家   59.10m2 60/150 35.44m2 101.25m2 木造3階

新丸子の家   102.73m2 60/200 61.37m2 153.12m2 鉄骨造3階

入り船の家   39.17m2 100/500 34.16m2 95.71m2 鉄骨造3階

東・佐藤邸   44.40m2 60/300 27.99m2 81.20m2 鉄骨造3階

Y邸      71.00m2 60/200 42.00m2 110.06m2 鉄骨造3階

「都市・狭小」に住む_1

□日々の仕事の中で

昨年、「都市・狭小」に住む というお題で、簡単なトークショーをおこないました。折角ですからここに一度要点をまとめておきます。
01配置図

左は今までの住宅で最も大きな敷地のものです(成田の二世帯住宅)。青い線がお施主さんの敷地で、赤い線で分割して建物の敷地に割り当てています。

右は今までの住宅で最も小さな敷地の物です。(入船の家)。青い線が街区で、これが左のお施主さんの敷地とほぼ同じ。赤い線が敷地境界線です。
左では外壁と敷地の間にバッファーがあるのですが、右では赤で示された敷地境界線に外壁が迫っています。

googleで見てみました。

成田の二世帯住宅
〒286-0045 千葉県成田市並木町141−35 - Goog

入船の家
PUG - Google マップ

極端な二つの事例を出しましたが、「都市・狭小」に住む上では、街との関わりをどのように考えるかは、避けて通れないことだと思います。ただそのとらえ方がお施主さんによって異なったり、あるいは敷地条件によって異なる解釈ができたり、いろんなケースがありました。ここでは三つの比較を通してそのバリエーションを示したいと思います。

ページの先頭へ