「建材情報」タグの記事一覧

イゼナのアクアレイヤー 蓄熱について

□日々の仕事の中で

先日はイゼナさんのお誘いで、我孫子にあるイゼナさんのモデルハウスに行ってきました。このモデルハウスではアクアレイヤーをはじめとした、イゼナさんのエコ商品が体験できます。


モデルハウスの外観。2010年3月に作られた建物ですが、建てられてからも様々な実験が行われているようです。

バルコニーに取り付けられた4枚のパネルは温水パネル。ここで作った温水を基礎下に流し、冬に備えた蓄熱を考えたと聞きました。しかし水はけが良すぎて上手く地中に熱が貯まらなかったようです。


玄関を入ると大きな土間があります。土間に入った瞬間に外とは違うひんやりとした空気を感じました。室温がは26度とのことでした。

この建物では2階床下にアクアレイヤーがあります。アクアレイヤーは水が入った筒状の袋なのですが、それが3t程2階の床下に入って大きな蓄熱槽となっています。ここからの輻射熱により室温が程よく下がります。
アクアレイヤーはヒートポンプで冷やされています。


2階に上がると、アクアレイヤーで床が少しひんやりとします。床冷房と言うのは初めて体験しました。フローリングとアルミの床材がありましたが、熱伝導率が良いアルミの方が冷たく感じられます。

窓際のオレンジの断熱ロールカーテンがあります。空気層が挟まれているため断熱効果があるようです。


窓の外には遮熱シートがかけられています。これがないとバルコニーからの照り返しで室温が高くなります。いろんな物を試した結果、黒色遮熱タープの二枚重ねとなったそうです。


北側の高窓。南の窓とこの高窓で通風をとるようです。ポリカの内窓があり、冬は内窓を閉めるようです。西面と東面にも小窓があるのですが、結果として東と西の窓は暑いだけなので、無い方が良かったとのことでした。


見学会の後は、社屋にて社長から色々とお話をお伺いしました。床暖房の販売からアクアレイヤーの開発いたるまでのお話は非常に興味深いものでした。

蓄熱について

先日勉強会で、土を蓄熱に使う住宅の話を聞きました。その住宅では床下にエアコンを仕込み床下を冷暖房して床下から風を吹き出して空調を行なっていました。目的は基礎とその下の土も蓄熱層と考え同時に冷暖房することで、安定した熱環境を作ることです。そのため地面と建物の間には断熱材がありません。24時間全館空調が原則で安定するまで3年かかるそうです。アクアレイアーも含め蓄熱はこれから活用されるっべき技術だと思います。

「幼児の城」コラボレーションカラー

●総合福祉施設リバービレッジ杉並

リバービレッジ杉並の仕上げの多くは白のビニールクロスですが、一部アクセントカラーとして色を使うところがあります。本日はその色選び。ルノンの「幼児の城」コラボレーションカラーというシリーズは鮮やかな色がたくさんあるので、使いやすいです。

今回採用の色は、RF-3313、RF-3331、RF-3316、RF-3334、RF-3320、RF-3327。

南波から松

●常磐平の家

今月号の木童通信に常盤平の家の記事が乗っています。


木童さんは、国産材にこだわった材料メーカーです。建主さんが素材にこだわりを持ってらっしゃる時に、時々木童さんの建材を選びます。今回は南波から松というフローリングを選びました。

南波から松は節がある赤身のフローリングです。節が小さいのでそれほどうるさく感じません。むしろ味となっているので僕は好きです。乾燥状況が良いので、床暖房の上でも使えます。多少のフローリングの伸び縮みを気にしなければ直張りも良いとのことでしたが、今回は合板1枚を捨て貼してその上からフローリングを貼りました。

ラワンの色(132日目)

●常磐平の家

常盤平の家では内装材の多くにラワン材を使っています。建具業者、家具業者、大工さんそれぞれが使うラワンの色を揃えたいと工務店には伝えたのですが、使う材料の厚みが違ったりで同じ色目に揃えるのは、難しいようです。


家具工事で作ったキッチンは白っぽいラワン材で作られていました。


天井に仕上げとして貼られたラワンは赤の色が強いラワンでした。


色が場所によってまちまちなのも煩雑になるので、赤いラワン材の色にて合わせて、染色をすることにしました。写真の一番右が染色していないもので、一番左がもっとも色が強いもの。


早速枠材から塗られ始めました。枠材もラワンを指定していたのですが、合板以外のラワンは最近は揃えるのが難しく他の材料で代用しました。


洗面台はラワンの色合いにあったものを工務店に探してきてもらいました。モアビという材料です。

胴縁(125日目)

●常磐平の家


プレカットになり施工精度が上がったことで、最近は内装に胴縁を入れないことが多いのですが、常盤平の家では胴縁を入れることにしています。今回の壁は砂漆喰の左官仕上げです。吹き抜けもあることから、ひび割れを懸念し入れることにしました。


将来的に壁掛けテレビをつけるかもしれないと言われた場所には合板が貼られています。


エアコン配管箇所には大きめの胴縁


キッチンの箱が現場に届いたようです。


砂漆喰の見本。ほとんどの部分は白ですが、1階の個室の天井はその前にある大きなコンクリートの土間に呼応するように、薄いグレーとしています。


和室で採用した土佐和紙。最初は淡いベージュの色を選んでましたが、最終的には淡い水色の和紙をお施主さんと相談の上選びました。


足場が外れました。これから、ピーラー材が軒裏や1階の壁に貼られ、花台や物干しがサッシの前に取り付けられます。


大きな軒は取っていないのですが屋根面はほんの少しだけ壁より出し、屋根と壁の切り替えがわかるようにしています。

ページの先頭へ