常盤平の家では、大きな土間の玄関と共にスキップフロアというアイデアも提案しました。
建主さんはお子さんの気配を感じて暮らたい、お子さんが玄関から勝手に出入りしてその気配を感じ取れない家にはしたくないとの希望を強く持っていらっしゃいました。そこで大きな片流れの屋根の下の2階にレベル差をつけスキップフロアとして、一層半ある玄関を作ることにしました。半階重なり合うリビングと玄関で1階と2階の気配が繋がることになりました。

リビングから見た土間方向の壁です。左下は土間で左上はライブラリー、真ん中は螺旋階段からの入り口、右上は収納として使うロフトです。冷暖房時の空調負荷が大きすぎるとの設備事務所の話を受け、ライブラリーと玄関と入り口に対しては建具を設けていますが、基本的にオープンな状態で使ってらっしゃるようです。