「ガルバリウム鋼板」タグの記事一覧

波板の留め付けモックアップ(85日目)

●常磐平の家

本日は波板の留付けのモックアップを板金屋さんに作ってもらい、それをお施主さんと確認。

釘で留め付ける場合。左が波板の山で留めた場合で、右が谷で留めた場合。一番目立たないのは谷の釘打ちですが、ハンマーで谷に打つのは難しく、仕事が汚くなるので、これはやめた方が良いとのこと。


ビスで留め付ける場合。この場合は山でも谷でも施工的には綺麗にできるとのこと。パッキンがついているので、止水性はビスの方が優れています。
釘にするのかビスにするのかはいつも悩む所なのですが、お施主さんと相談した結果。今回は谷にビス留めとすることにしました。


雨の中足場を上がって屋根の様子を見てきました。今回は平葺きで勾配が違う屋根面がぶつかり合う棟の納まりが難しいのですが、こちらの意図通り、高さが違う板金を組み合わせて綺麗に出来上がっていました。


内部では、耐力壁の構造用合板が貼られ始めました。合板が貼られては取り付けられない場所があるため、電気屋さんも乗り込み、スイッチ、コンセントも取り付けられ始めました。


吹き抜けであらわしとなる梁には、耐力壁として丸鋼のブレースが取り付けられました。

波板、金物検査(70日目)

●常磐平の家

常盤平の家の現場。本日は金物検査。構造の山田さんとスタッフの櫻庭にチェックをしてもらっている間に、僕は板金業者と納まりの細かい打ち合わせをしました。止め付け方等については、次回現場に行く13日の日にモックアップの作成をお願いしました。

本日は波板の巾を決めました。

左から大波板、中波板、小波板となります。大波板と中波板は実際に立っている建物を見ると殆ど差がありませんでした。

事務所の近くの住宅ですが、

こちらは大波板の住宅

これも大波板の住宅と思っていたのですが、サンプルと比較すると左の中波板であることが分かりました。
今回は大きな波で考えていたので、中波か大波なのですが、中波の方が板金としては丈夫であるとの話を板金業者から聞き、中波としました。

上棟(62日目)

●常磐平の家

常盤平の家は地鎮祭から2ヶ月がたちました。本日いよいよ上棟です。地鎮祭から2ヶ月で上棟というのは、昨年の代々木の家とほぼ同じです。

代々木の家では、上棟時には螺旋階段はついておらず現場が進んでから心棒に対して現場溶接で踏み板を取り付けていました。常盤平の現場では、上棟の時にはほぼ出来上がった螺旋階段が組み込まれていました。

本日は屋根と壁の板金選び。板金はいつも良く使っている日鐵住金鋼板の耐摩カラーGL。黒っぽい色というのは既に打ち合わせで決まっていましたが、黒っぽい色という基準で選んでも何種類かの板金があります。現場で建て主さんと一緒に選びました。いつもは少し優しい感じの「いぶし銀」を選ぶことが多いのですが、建て主さんのイメージがもうすこし黒々としたものを求めていると感じましたので、右往左往した結果最終的に「耐摩ネオブラック」を採用。同じような色合いの「耐摩ブラック」と比べると、日が当たると色が薄く感じ日が当たらないと色が濃く感じる不思議な板金でした。

板金のおさまり

●白山の家
板金窓廻りの納まり

板金職人
白山の住宅の現場。本日は、板金屋さんと話ができた。

板金窓廻りの納まり
窓廻りやコーナー部にシールが見えない納まりとしている。美観の問題もあるが、シールは紫外線で劣化するので、表に出さないようにしている。

エプトシーラー
その代わりに、裏側に捨て板金をいれて、そこでシールを打つ。またエプトシーラーで捨て板金と表の板金の間を塞ぐ。

ガルバリウム鋼板スパンドレルのおさまり

□見てきたもの 見学会

 「北沢の家」外壁下端おさまり。

外壁は、ガルバリウム鋼板スパンドレル。厚みがあるコの時のパーツを組み合わせる工法のため、下端は、その断面が現れ、通常はそれを隠すことも兼ね、水切りを使っておさめる。
その野暮ったさを気にされたのであろう、端部を折り曲げて収めている。
お話を聞くと、折り曲げた結果、目地が消えておかしな印象となったため、わざわざ、目地を、描いてもらったとのこと。

ページの先頭へ