リバービレッジ杉並の工事では、ピットとして使わない部分の埋め戻しと、スラブ型枠の組み込みが行われ始めました。毎週行われてきた定例の多くの時間を設備の配管ルートの検討に費やして来ましたが、ピットから1階床を貫通するルートは、この時点で一度フィックスされます。