「●浅草橋の長屋」の記事一覧

竣工写真の立会い

●浅草橋の長屋

浅草橋の長屋は、工事開始から280日目の12/22に引き渡しを行いました。鉄骨造のこの建物は、オリンピックの影響もあり、随分時間もかかったし、費用もかかりました。

隣の住宅の外壁と今回の住宅の外壁の間は25センチ程度。足場も立てられないような敷地条件も、少し工期とコストに影響をしているようです。

本日午後と明日午前を使い竣工写真をとるので本日はその立会い。写真は夜景をとるために、全館照明をつけたところ。明日も立ち会う予定です。

家具取付、塗装(242日目)

●浅草橋の長屋

浅草橋の狭小住宅の現場。

壁のボードが貼られて、家具が搬入されていました。取り付けられた今回のキッチンはサンワカンパニーのもの。

外部に取り付けられる板塀を大工さんが製作中。

塗装工事も始まりました。次に来る頃にはクロスも貼られていることでしょう。

外壁が現れる(207日目)

●浅草橋の長屋

浅草橋の狭小住宅での現場。足場は残っているが養生シートが剥がされたので、外観がわかるようになりました。

最近は色についての打ち合わせをしています。先日は、ベントキャップの色決めの話をしました。ベントキャップとは、外壁に取り付く空気の出し入れの穴にかぶせる金属のカバーで、標準の色はシルバーとなっています。素材の色を出すという考えでは、シルバーで良いと思いますし、外壁の色に合わせるという考えもあります。どちらも考え方次第なのですが、最近は外壁の色に合わせることが多いです。色に主張がある場合は、合わせた方がいいのではないかという考え方を最近はしています。

内装はボードが貼られ、浮床が作られ始めました。現場にはフローリングも入ってきました。

ALC取付第一回目(169日目)

●浅草橋の長屋

本日は現場にて、設備業者も含めて打ち合わせ。配管配線のルートの現場確認ということでしたが、すでに定例で大きな方針は決まっているので、改めて打ち合わせが必要なことはありませんでした。


現場は、隣地に迫った箇所のALCの施工がちょうど終わっていました。奥の窓の向こうに、隣の迫った外壁が見えています。ALC業者とシーリング業者の同時工事によるALCの施工は通常の倍の時間がかかったとのことでした。


新たなALCが現場に搬入されていました。こちらはALCを貼り、シーリングをして、塗装をするという通常の施工手順で進んでいきます。

隣地境界線ギリギリでのALC外壁の施工(143日目)

●浅草橋の長屋

浅草橋の現場は、隣地境界線に対して二面がギリギリの位置に外壁(ALC)があります。後から塗装ができないので、通常は塗装品で対応をするのですが、昨今のオリンピックの影響による品不足で塗装品の入荷が1年以上先になる状況のようです。そのため現場に無塗装品のALCが搬入され現場塗装が行われていました。

足場がない状況では、外側からの施工ができないので、ALCを貼り、ALCの目地をシーリングするという、二業種の職人の同時作業で仕事が行われます。シーリングを行う職人がまだ現場に来ることができないので、ALC関係の作業のみが本日は進められていました。鉄骨の梁に、ALCを取り付けるためのスチールのアングル材が溶接されています。

屋上でALCを吊り込むための工夫がなされていました。屋上のデッキプレートには柱脚のようなものが溶接されています。

この柱脚に単管を差し込み、アングル材を横に流します。そして滑車をセットして、ALCをつりこむという進め方になるようです。

この建物では軽量化のため3階の床がALCとなっています。ALCによる床は作られ、これから目地がモルタルで埋められます。

隣地ギリギリに外壁を作ることについて

メーカーに聞いても、工務店に聞いても、足場がない状況でのALCの施工にオッケーを出すところはありません。確実な防水処理ができているかを目視できないこと。また外側からのメンテナンスができないことが大きな理由です。作り手側がやりたくないことは、設計者としてはやりたくないことなのですが、間口が小さい狭小地においては仕方がないことも多々あります。

ページの先頭へ