「フローリング」タグの記事一覧

フォレストキング

代々木の住宅は、お施主さんの内装材へのこだわりが反映された住宅です。フローリングは、マルサ工業のフォレストキングをお施主さん自らが、ネットで捜されて、採用となりました。マルサ工業さんは、九州の会社なのですが、わざわざ東京まで説明にきていただけました。fk_1
選定の大きな理由は、室内空気の洗浄効果。マルサ工業さんによると「室内の空気がきれいになる。半永久的に放散されるフィトンチッドの中の香り成分(テルペン)により空気が浄化される。室内汚染の代表的な化学物質であるホルムアルデヒド等はテルペンにより科学分解される。透明感のある空気環境になり深呼吸のできる部屋が実現できる。」とのことです。また消臭効果もかなりあるようです。お施主さん自らサンプルを取り寄せ、その効果を実感されました。

フローリングは、塗装して使うことが多いのですが、フォレストキングは無塗装で使うことが多いようです。塗装すると樅の木の成分が出にくく、効果が薄れるようです。無塗装は、汚れが気になるのですが、マルサ工業さんによると、汚れの拭き取りに関しては、無塗装の方がメンテが楽とのこと。これについては、今でもちょっと気になっていますけど。。

ただ、ちょっと値段が高い。工務店の見積では、13、500円/㎡。良く使うIOCのフローリングが5,000円/㎡〜程度の値段で入ることを考えると、かなり割高。お施主さんの理解がないと、中々使えないフローリングですね。

相生杉、からパネル

白山の家のフローリングは、相生杉(木童)。「板のようなものでなく、木を感じさせるフローリングとしたい」というご要望を受けて、捜した材料です。厚みが30ミリもある床材です。
IMG_3899
木童によると、下地合板無しで、相生杉を直接根太に打ち付けることができるとのこと。(工務店は仕上がりが暴れることを心配していましたが。)

もう一つの特徴は、木目の表情が強いこと。
IMG_3898
真ん中が無塗装の状態で、上が桐油(木童で売っている塗料。オスモより滑りにくいそうです。)で下がオスモ塗装。無塗装の状態でも結構木目が強いのですが、塗装をするとかなり強く出てきます。これを良しとするかどうかは、人によるかもしれません。
ラフな作り方をするときに向いている素材かもしれません。
桐油は、簡単に塗れる塗装のようで、木童では、施主施工を進めていました。今回もその予定です。相生杉は、6、100円/㎡で見積に入っていました。

それに合わせて、家具も似たような表情を持つ、からパネルを使うことになっています。
からパネル
こちらは、24,30,36の三種類の厚みを持つ造作材。今回は、2階LDKのキッチンの腰壁などに使う予定です。

木童は初台のオペラシティーの1階にショールームがあります。表情がある木材を使いたいときには、役にたつかもしれません。

0713フローリング

北品川の家は、フローリングが貼られている。かなり白い色を選んだのだが、丁度良い感じだと思った。使ったのは、アイオーシーのアッシュホワイトブラッシュド。
アッシュホワイトブラッシュド

屋根材はグレー。壁の色の再検討。グレーにまとめるという話を確認し、左の色に。
外壁色見本

マルホンのフローリング パイン材とカバ材

クライアントと一緒に、フローリングを、マルホンさんのショールームに見に行く。
ここは、沢山の質の良い、フローリングが揃っている。接客も良い。

明るい色のフローリングを望まれており、一部寝室には、素足でも気持ちが良い、フローリングを使いたいとの、ご主人の御希望。

上の2列は、パイン材のフローリング。
下の2列は、カバ材のフローリング。

パイン材の色が、少しずつ異なるのは、経年変化を示している。
ベッドを置いたり、日の差し方の経年変化で、色のばらつきがでることが予想される。
奥様に、そのことが嫌われ、パイン材は却下。
結局、カバ材で今回は、進めることになった。

今回は、一部床暖房を使う場所がある。
マルホンさんのカバ材の床暖房使用は、熱処理をしており、かなり色が濃くなることが、判明。他のメーカーを探すことになりそうだ。


今回は、カバ材が無いので、使えないのでが、フローリングに関しては、最近は、IOCのフローリングを使うことが多い。無垢ではなく、突き板をはった、複合フローリングが主力商品。しかし、2ミリ程度の突き板なので、十分な素材感があり、なんと言ってもコストパフォーマンスが良い。無垢材にこだわらない物件の場合は、採用することが多くなった。

但し、仕入れの際、前払いとなる。これがネックとなり、工務店に嫌われ、変更を余儀なくされたこともある。

サブコンテンツ

このページの先頭へ