内装工事

喜久松苑デイサービスセンターの定例

下がり天井
下がり天井にボードが貼られて、空間のメリハリの様子がイメージできるようになってきた。コルクで作られた掲示板、ブルテンボードが仕上げられていた。色がきついかと少し心配していたが、締まった印象が逆に良くなりそうだ。

木枠
風除室の前の扉の枠廻りの形状が分かるようになった。

トイレ
トイレは、既存のスタッコ調の塗装が剥がされていた。ブースや新しい衛生設備機器がこれから搬入され、内装も始まる。

塗装の試し
塗装の試し塗り。下地のコンクリートに大きなクラックがあり、寒冷紗でうまく隠せるかを試した。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ