「□日々の仕事の中で」の記事一覧

敷地見学

彩源深谷工場の現場の後は、常盤台団地近くの敷地へ、ホームページで問い合わせがあった方が検討中の土地を一緒に見に行きました。都心とは違い、このあたりは土地の区割りも大きく、ゆとりがもった計画ができそうです。また南側の道路も広く対面も開けているため、その分開放感があり、良い環境かと思いました。敷地には20ミリと25ミリの二つのメーターがありました。おそらくどちらかのメーターを処分しなければならないと思います。

●追記
設備事務所に確認したところ、やはり戸建て住宅程度であれば20ミリのメーターを残し、もう一つのメーターを廃止することになるようです。費用としては、道路の掘削と復旧が必要となるため、概ね50万程度が見込まれるとのことでした。

「都市・狭小」に住む_1

昨年、「都市・狭小」に住む というお題で、簡単なトークショーをおこないました。折角ですからここに一度要点をまとめておきます。
01配置図

左は今までの住宅で最も大きな敷地のものです(成田の二世帯住宅)。青い線がお施主さんの敷地で、赤い線で分割して建物の敷地に割り当てています。

右は今までの住宅で最も小さな敷地の物です。(入船の家)。青い線が街区で、これが左のお施主さんの敷地とほぼ同じ。赤い線が敷地境界線です。
左では外壁と敷地の間にバッファーがあるのですが、右では赤で示された敷地境界線に外壁が迫っています。

googleで見てみました。

成田の二世帯住宅
〒286-0045 千葉県成田市並木町141−35 - Goog

入船の家
PUG - Google マップ

極端な二つの事例を出しましたが、「都市・狭小」に住む上では、街との関わりをどのように考えるかは、避けて通れないことだと思います。ただそのとらえ方がお施主さんによって異なったり、あるいは敷地条件によって異なる解釈ができたり、いろんなケースがありました。ここでは三つの比較を通してそのバリエーションを示したいと思います。

「都市・狭小」に住む_2

06角地配置図
共に角地の敷地ですが、交差点への考えが大きく違う二つの住宅です。

左は、敷地は文京区の白山でやや混み合った住宅地なのですが、お施主さんは、角地で開放的であることが気に入り、この土地を購入されました。そして設計においても、まずは角地に対して思いっきり大きな開口部を作ることを望まれました。(もちろん、カーテン等で視線対策は考えていらっしゃるのですが。)
07smk_hakusan_jp-06
白山の住宅

右は大田区の北千束にあり、道幅も広く、ややゆったりとした住宅地です。お施主さんは、開けすぎた環境を警戒し、交差点に対して守られた造りを望まれていました。設計においては、角に壁で覆われたテラスを1階から3階まで作り、テラスをある程度壁で覆うことによって、バッファーを作ることにしました。
12smk_ksenzoku_jp-1
北千束の家1_角地の家

「都市・狭小」に住む_3

11smk_hakusan_jp-21

10smk_hakusan_jp-26
白山の角地の家では、L型の開口部の反対方向にL型のトップライトがあることが、設計上の特徴です。二つの特徴的な開口部で2階を明るくします。

14smk_ksenzoku_jp-22
北千束の角地の家のコーナーに設けられたテラス。交差点への壁の抜き方は、アルミサッシの開口部に倣っています。床のグレーチングで1階の坪庭(浴室と寝室に面しています)に自然光を落とします。

15smk_ksenzoku_jp-11
2階のリビングとダイニングはL型で坪庭に面します。主要な開口部が坪庭に面することで、通りに対してワンクッション置くことができます。

「都市・狭小」に住む_4

16kia_ippan1_v2013
左はT字路の突き当たりにある敷地で、右は幅員30mの青梅街道に面する敷地です。状況は少し違いますが、共通していることは前面道路がとても開放的であることです。

左は高円寺の長屋なのですが、道路側に対しては、わずかに長屋の二住戸への入り口があるだけです。南側に将来も建築不可の隣地があり、その隣地側に対して開口部を取ることで、道路側に閉鎖的なファサードとしています。ファサードはT字路を受けるようにへの字に曲がっています。
17kouenji-t-1

右は西新宿のペンシルビル.副都心への眺めが良い場所でもあることから、全面ガラス貼りのファサードとしています。上3階がオーナー住居なのですが、吹き抜けをガラスファサードに対して設けることで、バッファーを作りだし、少し守られた住環境としています。
22P4260075_2

サブコンテンツ

このページの先頭へ