「□見てきたもの 中欧」の記事一覧

リンケ・ヴィーンツァイレの集合住宅

リンケ・ヴィーンツァイレの集合住宅1 オットーワーグナー 1898~1899年


38番地と40番地に建つ、二つの集合住宅。建築史の教科書に必ず出てくるのだけど、
「ファサードに絵を描いただけじゃん」といった印象は、実際のものを見てもあまり変わらなかった。教科書的には、ファサードを皮膜として扱ったのが、近代的であるとのことだったと思う。でも綺麗でした。建築史の上での意味づけは別として、何も知らなくても、目を引く建物だと思います。
まずは左手にある40番地。「マジョリカハウス」と呼ばれている。マジョリカ焼きのタイルが遣われているとのこと。花模様もそのタイルで描かれている。

R0013650
R0013650 posted by (C)sumi
次は、角地の38番地のもの。壁面装飾は、金箔とのこと。

R0013643
R0013643 posted by (C)sumi
二つの集合住宅の間の部分

R0013646
R0013646 posted by (C)sumi
38番地をコーナーから見たところ

R0013641
R0013641 posted by (C)sumi
コーナー町歩のアップ

R0013644
R0013644 posted by (C)sumi

低層部のアップ


R0013645
R0013645 posted by (C)sumi

カールスプラッツ駅舎2

  カールスプラッツ駅舎 オットーワーグナー 1894~1898

エントランスのアップ

柱脚部のアップ

中に一歩入ると。。

天井

郵便局より10年ほど前に設計されたもの。構造とパネルを分離した扱いに、モダンな感じを受けるが、郵便局ほどではない。濃厚な草食性が印象的だった。

カールスプラッツ駅舎

 カールスプラッツ駅舎 オットーワーグナー 1894~1898


オットーワーグナーは、ウィーン市電の駅舎を数多く設計している。その中の最も有名な物

鉄骨の骨組み。その間にはめ込まれたパネル。細部の装飾的な扱い。




中央部のアップ。幾何学と植物的な文様による装飾





軒下のアップ


ウィーン郵便貯金局2

 ウィーン郵便貯金局 その2


エントランスホール
手摺のディテール
ファサード
外壁。仕上げが張り物であることを、刻印するような、
リベットの扱い
庇。それを支える柱の方が目立っている

ウィーン郵便貯金局

ウィーン郵便貯金局 オットーワーグナー 1904~1906
今年のゴールデンウィークに、中欧に行ってきた。
今回の目玉建築物のひとつ。
内観全体
局面のガラスの天井、床はガラスブロック。明るくて、透明感がある空間。

ガラス天井を支える柱。アルミが使われている。
照明と一体的に考えられている。
止め付け方等を、即物的に(あるいは、装飾的にといっっても良い気がする)
見せるのが、全体を通しての特徴。
「透明性が高い空間と、工業製品のザッハリッヒな扱い」がこの建物の二つのうり。
(相変わらず、乱暴なまとめだ)
柱のように作られた、空調吹き出し口
やはり、装飾的といってもいいんじゃないか。
サブコンテンツ

このページの先頭へ