「2014年4月」の記事一覧

喜久松苑デイサービスセンター改修

既存施設
喜久松苑デイサービスセンターの改修工事。特別養護老人ホームの改修に伴い、デイサービスセンターも改修することとなり、その設計監理を依頼される。昨年末に設計が終わり、業者見積もりを取ったのだが、施工業者が忙しいのか、見積もり調整が進まなかった物件だ。本日施設にお伺いし、ようやく工事が始まることになった。工事完了予定は、6月後半。施設を使いながらの工事なので、原則工事は土日のみとなる。

多摩川
デイサービス前の多摩川がとても美しい。

天井下地 気密シート チャンバーボックス フローリング

天井下地
成田の二世帯住宅は、天井ダクトが組み上げられたので、天井下地が作られ始めた。30×40の野縁を横使いで組んでいる。

気密シート
壁には気密シートが貼られ始めた。

チャンバーボックス
壁には、ダクトの接続部のチャンバーボックスがセットされている。

フローリング
2階では、フローリングが貼られ始めた。

今回の工務店は、施工図は出てこない。今月にはいってからは、家具図や納まりの図面をこちらで書き、打ち合わせを定例の度におこなう。

外壁下地 床下地

外壁下地

外壁下地
成田の二世帯住宅は、外壁下地が作られ始めた。ガルバリウム鋼板の下地の白い珪酸カルシウム板とモルタル下地の木ずり。

床下地
内部は、床下のダクト配管工事が終わり、床下地の合板が貼られ始めた。

ウレタン吹き付け

成田の二世帯住宅。外壁は、下地処理が進む。モルタル部分は、下端の水切りと防虫網が取り付け始められている
防虫網

内部では、ウレタン吹き付けが終わった。原則外周部のコンセント類の変更はこの時点から不可。経験的に後二ヶ月程度の工事になると思う。
ウレタン吹き付け

天井内に隠蔽される、ダクト工事等が始まっている。もう少ししたら、天井下地材も作られていくのだろう。
換気扇

根太取付、空調打合せ、屋根葺き始め

根太
内部工事は、床根太貼りまで進んできた。フローリングも既に現場に入っている。

空調チャンバーボックス
今日は、設備の高橋さんも現場に。ダクト業者や電気業者と打合せをしてもらう。写真のステンレスの箱は、空調換気のチャンバーボックス。スキップフロアーの階段下に4つ入る。二つはエアコン吹き出し口。二つは上下階の空気を入れ換えるための物。

屋根葺き始め
屋根が今日から葺き始められた。

サブコンテンツ

このページの先頭へ