「2013年12月」の記事一覧

既存の地盤改良はどうすれば良いか

既存家屋の解体がようやく終わった、11月18日から解体工事が始まったので、3週間はかかったことになる。以前に比べ産業廃棄物の規制が厳しくなり、分別が大変なので時間がかかったとのこと。既存建物は200平米以上あったから、作業量としても普通の解体よりも多い。
解体後

地盤
本日は、山田構造事務所の山田さんと現地に行く。既存住宅は、表層改良で地盤補強が行われている。成田の二世帯住宅は、既存住宅より大きく、地盤改良体が有るところと、無いところを跨ることとなる。それをどうするかを今日決めに来た。

今回の基礎底から既存改良体まで30センチの深さがある、表層改良の追加となると、この30センチ部分の地盤改良と、既存家屋からはみ出した部分の地盤改良をおこなうこととなる。

当初施工者は、「それであれば、既存改良体を使わず、柱状改良としたい」といってきた。地盤改良の業者に来てもらい、状況を見てもらった。既存地盤改良体がとても固く、これを打ち抜いて柱状改良をおこなうのは難しいとのこと。

結果として、表層改良しか選択肢がなくなった。ただ、30センチの部分の地盤改良を無くすために、基礎底を深くすることとした。

デイサービスセンター(CLUB RIVER)の竣工写真

デイサービスセンター(CLUB RIVER)の竣工写真の竣工写真をホームページにアップしました。
よろしければ、ご覧ください。→デイサービスセンター(CLUB RIVER)

oume_7_jp-19

サブコンテンツ

このページの先頭へ