今回の支持地盤は、7m。6m中半を超えた頃から、杭を地中にねじ入れることが難しくなったことが、機械を見ているだけでもわかる。今回の杭工法はアルファフォースパイル工法。支持地盤層との関係が把握しやすいから採用したとは、構造事務所の山田さんの弁。