週末に箱根に行ってきました。急に行くことになったので、あまり下調べをせずに行ったのですが、建物がしっかりしているので、現地で調べたところ。渡辺明さんが1996年に設計した建物でした。当時の名前は俵石閣別館。その後運営会社が代わり、リフォームされて現在の施設となっているようです。渡辺明さんは、二期倶楽部を1987年に作られたことでよく知られています。

建物は、二期倶楽部と同じように分棟となっています。受付をしたり、朝晩の食事をするのはガラス張りの建物。

その内観。右の板張りのボックスは、竣工当時は透明のアクリルで作られ、もっと見通しがよかったようです。

レストランの反対側にあるカフェ。この屋根の不思議な意匠が気になり、建物を調べたところ、渡辺明さんだとわかりました。

敷地の奥まったところにある広場。左が宿泊施設で右はホビースペース。宿泊施設は三つぐらいの棟に別れていました。

宿泊スペースからの眺め。窓から見える森の緑が心地よいです。

最近泊まった箱根本箱、ホテリ・アアルトと同じようなリフォームの宿泊施設です。箱根本箱、ホテリ・アアルトは大掛かりなリフォームでガラリと変わったものとなりましたが、ここでのリフォームは当時の意匠を生かしたリフォームのように感じられました。手が入れられていないところも多いので、ところどころ建物の痛みが目立つところがあるのが気になりました。

チェックインでは鍵を渡されるだけで、部屋への案内も特にありません。また部屋にはテレビもなく、冷蔵庫に水があるだけでビールなどはありません。ホテリ・アアルトなどの至れり尽くせりのサービスとは全く違う少しストイックな施設です。

帰り際の宿泊者が宿の方に「ほっとかれて過ごせたのが一番よかった。」と言葉をかけていました。また音楽家らしき人が一人で来て楽譜を書いていたりもしました。そんなお宿でした。